menu
富士正 特別純米ひやおろし

特別純米酒

富士正 特別純米ひやおろし

十数年富士正酒造の蔵に携わっている女性蔵人が責任者となり、杜氏監修の元 丹精込めて丁寧に造った 特別純米ひやおろしです。「ひやおろし」とは、冬季に造ったお酒を夏の暑さを越して貯蔵をし、秋季に出荷されるお酒のことを言います。秋だけの特別な味わいです。静岡酵母を使い、米の旨味と米由来の香りを綺麗に引き出し、富士山の軟水を生かした柔らかな酒質は 女性にも飲みやすい味わいです。夏を越し丸みを帯びた熟成感があり、喉越しのすっきりとした印象もありますので、秋の豊かな味覚と共にお楽しみいただけます。貯蔵の際に一度だけ火入れを行った「生詰」の状態ですので、要冷蔵での出荷となります。

販売価格

1800ml
2,650円(税別)
数量
カートに入れる
720ml
1,350円(税別)
数量
カートに入れる

10,000円以上(税別)送料無料

熨斗について無料サービス

熨斗お祝いや内祝い、志など熨斗は「配送設定の入力」画面にてご指定いただけます。

商品情報Product information

特定名称 特別純米酒
原料米 長野県産美山錦
精米歩合 60%
アルコール度数 16%
日本酒度 +3
加熱処理/加水調整 一回/なし

おすすめの飲み方How to drink

おすすめの飲み方
おすすめの飲み方
商品情報

富士山の湧水で造る
淡麗辛口酒

富士正酒造では、創業期より富士山の伏流水を使用して酒造りを行ってまいりました。
朝霧高原に移転した現在、仕込み水として東側の富士山と西側の毛無山との合流した地下200mの水をくみ上げ使用しております。バナジウムやミネラルがとても豊富な軟水です。水質はとてもやわらかく、弊社ではその汲み上げた水に塩素を加えず、仕込み水として使用しております。それゆえ繊細でさらっとした淡麗辛口のお酒が主流となっています。

江戸時代から
脈々と受継がれる
酒造り

富士正酒造は慶応2年(1866年)創業。創業時より静岡県富士宮市上野の地で酒造りを続けてきました。現在は9代目がその酒造りを継いでおります。伝統的製法に、若き南部杜氏の熱い想いが織り込まれた大吟醸酒を中心としたお酒の数々。その芳醇な香りとまろやかな口当たりをお楽しみ下さい。

毎日飲んでも
飲み飽きないお酒

日本酒は古来から晴れの日(お祝い)の日に飲まれてきました。富士正酒造では「毎日を幸せな日」として、お酒を楽しんでいただきたいという想いがあります。疲れて帰ってきた晩酌。ちょっとしたお祝い事にでも気軽に楽しんで飲める。お酒を飲んでいただくすべての方々に、ほんの少しの幸せをお届けしたいと考えています。お酒は嗜好品です。それぞれに好みはあると思いますが、毎日同じ味では飽きてしまいます。晩酌を楽しむ際に、その家庭の料理と合うようなお酒。料理の味の邪魔をせず、すっきりとした飲み口。むしろ毎日の食卓に並ぶ料理の味を引き立て、料理によって味わいを変え、楽しくなるお酒。そんな酒造りを当社では行っております。

※未成年者への酒類の販売はいたしておりません

Page top